害獣からの住宅被害|業者に任せないといけないイタチ駆除【家に被害を受けない為の情報】

業者に任せないといけないイタチ駆除【家に被害を受けない為の情報】

害獣からの住宅被害

ハクビシン

身体的特徴での見分け方

住宅をすみかにして住宅設備を傷めたり、悪臭や騒音の原因となる害獣にはタヌキやアライグマなどもいますが、近年生息数が増加していて、被害件数も増加しているのがハクビシンです。ハクビシンは中国や東南アジア原産で、ペットとして持ち込まれたものが野生化した説が主流ですが、現在では沖縄を除いた日本全国に生息しています。体調は1m近くになりますが、その半分近くは長い尾が占めています。ハクビシンの名前の通り特徴的な鼻から頭にかけて白い縦線が入ることが特徴です。はっきりと見えない場合でもタヌキやアライグマが丸い体をしているのに対して、ハクビシンは細長く、体型が似ているテンとは尾が非常に長いことから見分けることができます。

住まわれないために

ハクビシンを家に住みつかれないようにするためには、まずハクビシンを入らせない対策が必要です。ハクビシンや夜行性で日中は薄暗いところで寝ています。そのため、天井や軒下に隙間がある場合にはしっかり塞ぐ対策を施しましょう。軒下への入口は人間の目視で見つけることができますが、天井には目が届きません。ハクビシンは木のぼりが得意なので、屋根に登れるような木がある場合には剪定をして天井に渡れないような対策を取ることも大切です。ハクビシンが住みついた場合には、素人では退治をすることはなかなか難しい物です。フェンスや忌避剤といった対策もありますが、ハクビシンの身体能力は思いのほか高いため有効な対策がとれません。もしハクビシンが住みついた場合には、住宅被害が出る前に速やかに害獣駆除業者に相談することをお勧めします。